介護とは人と向き合うこと

認知症と共に歩む人は誰もが、自分の人生を通じて、

人間として生きることの意味を問いかけています。

歩くことを通して、食べる行為を通して、語ることを通して。

介護とは、突き詰めると人と向き合うことです。

一人ひとりの人生から多くの学びがあります。

ひなた園は認知症とともに人生を歩む人たちの住まいですが、

その人が認知症であることは、

決して自分の生き方について判断できる能力が失われたことを

意味しているのではありません。

むしろ認知症だからこそ、

人は積極的に自分が幸福に生きる生き方を選択されます。

その方が望む生き方を医療と介護の両方から支えていくこと、

これを私たちは仕事にしています。

広告