求めている人材

「“求めていること”に対して想像力を働かせられる人」

「人となりを知ることに喜びを感じられる人」

「共感する力を行動する力に置き換えられる人」

 

私たちの仕事は本質的に“人生の葛藤期”に介入する仕事です。

その人は、認知症とともに自分の人生を歩んでいます。

新しいことを覚えられない自分に悲観している人もいれば、

理解し難い現実を前にして思い悩んでいる人もいます。

その人が抱えている多様な“求め”に想像力を働かせ

「その人には誰が必要で」「いま何をしておかなければならないか」

これを発想し行動に移していくことが私たちの仕事になります。

 

私たちは“共に暮らす”ことを大切にしています。

共に暮らしているからこそ、

私たちは数々の人生の機微に“立ち会う”ことになります。

同じ目線に立つからこそ、

共にその出来事の本当の“意味”を分かち合えるのです。

この積み重ねが、

その方の人生を満足するものに仕立てていくのだと思います。

 

私たちは、共に人生に学ぶことを仕事にしています。

それは、認知症とともに歩むその後ろ姿に、

その人の“人となり”を感じ取っているからに他なりません。

 

私たちは介護という仕事をこのように考えています。

 

求人募集

 

広告